ラクティスに乗り始めて早い段階で、スピーカーとツイーターを取り付けしました。

あれから数年w

今度は、フロントドアをデッドニングしてみようかと思いデットニングキットはどれくらいの値段がするものなのか某大手カー用品店にて調査!?w

カー用品店でドア2枚用の標準キットを見てみると~なんと約一万円!!w

するな~w

作業は自分でするから良いとして、ネットでデットニングキットを探してみると~ありました(*^o^*)

今回、購入したデットニングキットはコチラ!

120系 ラクティス フロントをデッドニングしてみるよ。 音質向上
エーモン 2198 デッドニングキット ドア基本モデル【送料無料】


では、120系ラクティスのフロントドアにデットニング施工してみます(*^o^*)

まずは、ドアの内貼りを取り外し~ドアノブ部分とウィンドウスイッチを取り外すとネジがあるので計3カ所のネジを取り外し、後は内貼りを引っ張れば外れます。

力任せに引っ張るとクリップが割りたり内貼りを破損するので内貼り剥がしがあるとパチパチと外れますよ♪

ドア内側に防水用のビニールがあるのでそれをはぎ取りますが、その前に開口部の型をマジックで型取りしておきましょう。

ビニール外した後で段ボールなんかで型を取っても良いですし。

120系 ラクティス フロントをデッドニングしてみるよ。 音質向上

ビニールを剥がしていくとブチル(シートを貼り付けてる黒いゴム)これがネチョネチョと残るんですよね(^^;;

接着力もあるので便利で防水性に優れてますがこんな時大変www

今回、購入したエーモン 2198 デッドニングキット ドア基本モデル【送料無料】には、ブチルはがし用ヘラも付いてるので上手にやればある程度綺麗に剥がれますが、作業が地味すぎてちょっとイライラするので私はビニールを勢いよくはぎ取りますww

めちゃブチル残ったしww

120系 ラクティス フロントをデッドニングしてみるよ。 音質向上 音楽計画

気にしない人はインナーパネル用制振シート(シルバー)を貼らない部分のブチルは残しても問題ありません。

内貼りも取り付けると見えないしねw

けど、私はブチルが残ってるのが汚らしいし、作業する時に間違って触るとネチョネチョするしw

手はまだしも服に着くと面倒だしw

と言う事で、私はブチルを綺麗にすべて取り除きます♪

パーツクリーナーも良いけど、これが一番ですね♪

ペイントうすめ液!(*^o^*)

120系 ラクティス フロントをデッドニングしてみるよ。 音質向上 音楽計画

塗装したり、テープ貼る時などに脱脂するのに最適w

うすめ液をウエスにたっぷり浸み込ませ、ブチルに塗り込んでブチルはがし用ヘラで取るとあっさり取れます。

最後も、うすめ液でゴシゴシ拭くと綺麗にブチルが取れます♪

けどね、この作業だけで結構な時間費やすので、ブチル剥がしはお好みでw

120系 ラクティス フロントをデッドニングしてみるよ。 音質向上 音楽計画

ここから、まずはドア外側の鉄板にアウターパネル用制振シート(黒)を貼り付けて行きます。

エーモン 2198 デッドニングキット ドア基本モデル【送料無料】に説明書も同封されているので、切るサイズやドアへの貼り付ける位置などは説明書を参考に(*^o^*)

アウターパネル用制振シート(黒)を貼る前に一度ドアを閉めて音楽を鳴らして、外側からドアのどの部分に振動が多いか確認してしておくといいですね。

やはり、スピーカー周りが一番振動が多いので重点的に振動を抑えると効果がありそうです。

色々調べてみるとアウターパネル用制振シート(黒)は貼る位置などもありますが、ドアの30~40%くらい貼れてると良いみたいですよ。

ま、キット内にあるアウターパネル用制振シート(黒)全部張りますけどねwww

シートを貼る部分はしっかり脱脂しましょう。

ペイントうすめ液でしっかり拭いて、パーツクリーナーを吹きかけてさらに脱脂すると良いですよ。

うすめ液は速乾性がないのでシートを貼る直前はパーツクリーナーで!(^_^)v

更に、ドライヤーで乾かすとかエアーでしっかり乾燥させるとシートの引っ付きは良くなりますよ♪

後で剥がれると何の意味もないので!下処理は大事ですよ(*^o^*)

それと、この日は寒い日だったので貼り付ける場所をドライヤーで温めてから貼り付けていきます。

まずは、スピーカーの裏にアウターパネル用制振シート(黒)を貼り付けます。

インパクトビームは避けて貼るようにと説明書にはあります。

シートの粘着力が強いので奥の方とか貼る時は他の部分に引っ付かないように気を付けながら貼り付けます。

場所が決まれば、キットに付属されている圧着用のヘラで空気を抜きながら押し付けて行きましょう。

シートが浮いたりすると振動を吸収しないので入念に押し付けて圧着します♪

これが割と力がいるので気合で貼り付ける!w

120系 ラクティス フロントをデッドニングしてみるよ。 音質向上 音楽計画

次にドア全体にアウターパネル用制振シート(黒)を貼り付けて行きます。

脱脂して、ドライヤーで鉄板を軽く温めて貼り付けてゴリゴリ圧着!!w

これだけでも、結構な時間がかかりますよw

120系 ラクティス フロントをデッドニングしてみるよ。 音質向上 音楽計画

アウターパネル用制振シート(黒)を貼り終わると、次は吸音スポンジを貼ります。

これ、スピーカー背面以外には貼らないと言う人も。

効果はどうなのかわからないけど、エーモン 2198 デッドニングキット ドア基本モデル【送料無料】説明書にはスピーカー周辺に貼ると効果的とあるので私は貼り付けます。

今回、スピーカー背面に貼る吸音スポンジは別で購入しました。

凹凸加工でスピーカー背面の音の反射を効果的にコントロールしてくれるらしいw

せっかくなのでやっておきますwww

120系 ラクティス フロントをデッドニングしてみるよ。 音質向上 音楽計画
2枚×2セットまとめ買いがお得 デッドニング スピーカー背面 吸音材 プロファイル加工 ウレタン 20mm×195mm×195mm デットニング



後は、エーモン 2198 デッドニングキット ドア基本モデル【送料無料】に入ってる吸音材をスピーカー周りに重点的に貼り付けていきます。

120系 ラクティス フロントをデッドニングしてみるよ。 音質向上 音楽計画

120系 ラクティス フロントをデッドニングしてみるよ。 音質向上 音楽計画

吸音スポンジに、衣類用防水スプレーをするだけでも長持ちするらしいですよ。

私も、衣類用防水スプレーをしましたよ♪

気休めかな!?ww

ここまで作業したら試しにドアを開け閉めしてみて!(*^o^*)

ドアの閉まる音が高級車みたいに「ドスン」といかにも重たそうな音がします。

鉄板の揺れが少なくなったのでドアの閉める音も変わりますよw

ちょっと一息休憩にこれを体感すると続きへのやりがいもありますwww

次は、インナーパネル用制振シート(シルバー)を貼り付けていきますよ♪

始めの方に防水シートにマジックで型取りしてたので、それをちょっと大きめに切り、インナーパネル用制振シート(シルバー)を散りだします。

120系 ラクティス フロントをデッドニングしてみるよ。 音質向上 音楽計画

インナーパネル用制振シート(シルバー)は3枚あって余裕はありますが、大きな開口部の部分は左右上手に切り出さないと適当に切ると足らなくなりますよw

余った分は後でいろいろ使うので捨てないようにw

インナーパネル用制振シート(シルバー)を切り出してドアに貼り付けていきます。

しっかり、鉄板を脱脂してね☆彡

ここで、1つ裏技!?w

ドアノブのケーブルや配線処理ですね。

単純に配線の上からシートを貼ると、どうしても配線周りのシートが浮きます。

シートが浮くと密閉されないし音漏れを起こすので、デッドニング効果が落ちますよね。

そこで、配線やケーブルのサンドします。

インナーパネル用制振シートを裏側に貼ってから表のシートを貼ってサンドします。

120系 ラクティス フロントをデッドニングしてみるよ。 音質向上 音楽計画

こうすると、シート同士が密着して密閉されるので効果的♪

な、ハズ!www

配線部分も同じようにサンドさせます、内側に貼るシートは余ったシートを切って割と大きめに貼ると作業しやすいですよ♪

そして、表側にインナーパネル用制振シートを貼って穴を埋めていきます。

段差の部分もしっかり圧着して貼り付けていきます。

小さな穴も埋めていき、インナーパネル用制振シートに筋を入れ最後に内貼りのビビリを抑える振動シートをドア上部に貼り付けてひとまずはこんな感じ(*^o^*)

大きな開口部には筋を入れるとシートがパフパフしないので筋を入れておきます。(*^o^*)

120系 ラクティス フロントをデッドニングしてみるよ。 音質向上 音楽計画

ここから、余ったインナーパネル用制振シートと付属のインナーパネル用制振シートを使って振動の多い所に貼り増ししていきます。

音楽のボリュームをちょっと高めにして音を鳴らして振動がある部分にインナーパネル用制振シートを貼り付けていきます。

貼り増ししていく段階でも、低音に変化があるのでシートが余ると貼り増しした方がいいですよ(*^o^*)

特に、スピーカー周りとか効果的です(*^o^*)

これで、デットニング施工は終了です(*^o^*)

120系 ラクティス フロントをデッドニングしてみるよ。 音質向上 音楽計画

作業時間は意外とかかって5時間ほどかかりましたwww

ま、色々面倒ですが自分でやると工賃浮くし、けどプロにはプロの技があるので本物の音を追求するならプロにやってもらいましょうw

で、今回のデットニング効果ですが。

はっきりと、音響の変化は確認できます!

確かに音は激変します!

何より、低音のメリハリはすごくいいですね。

低音のこもった感じもなく、ベースの音もメリハリ良く聴こえるようになったのでヘッドフォンして聴いてる時のように重圧感がある音になりました。

後、ヴォーカルの声がはっきりと出るようになったので車で走ってても聴きやすくなりましたね。

決して、高価なスピーカーではありませんがデットニングとの組み合わせで相当いい音になりましたよ。

デットニング効果は素晴らしいですね(*^o^*)

やってよかった!!デットニング!!

リアドアもやるか!!( ̄ー ̄)ニヤリッ

〇ラクティスのフロントスピーカー交換記事はコチラ→「120系ラクティス フロントスピーカー交換 クラリオン SRT1733 17センチ」



今回、デットニングに使用した商品です。

120系ラクティスなら余るくらい十分な内容の商品です。
エーモン 2198 デッドニングキット ドア基本モデル【送料無料】



今回使用したスピーカー背面の収音スポンジはコチラ



カーAV(オーディオ・映像)なら楽天市場で!コチラ

カーオーディオ スピーカーを交換すると音も良くなってドライブも楽しくなります。カー用品なら楽天市場!コチラ



ラクティスデッドニング デットニング効果 ラクティスデットニング効果 デッドニング防水処理 デッドニング吸音材貼りすぎ デッドニングスピーカー背面 デッドニングアウターパネル エーモンデッドニングキット違い デッドニングレアルシルト 内張りデッドニング効果

関連記事


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ

≫ EDIT

PAGETOP

:ラクティス :120ラクティス :四国道の駅 :四国温泉 :四国ドライブ :四国のお出かけ